トップ / 中性脂肪が高すぎると起きる危険

中性脂肪の危険と正常値

中性脂肪が高すぎると起きる危険

命に関わる病気に発展することも

中性脂肪の数値が高い状態になっていても、特に体感的に異常を感じることはほとんどありません。そのため、数値が高くても、あまり深刻に考えず放置してしまう人も多いでしょう。しかし、中性脂肪の数値が高いということは脂質異常症という病気にかかっている可能性が高いのです。

脂質異常症は血中の中性脂肪と悪玉コレステロールが増えすぎ、同時に善玉コレステロールが減りすぎる病気です。血液がドロドロの状態になってしまい、血管の内側に不要物が付着しやすくなり血管が硬く狭くなって行きます。

そして、放置しておくと動脈硬化が進行して行くのです。自覚症状はありませんが、罹患している人は非常に多いとされています。中高年の女性で特に顕著に見られます。脂質異常症にかかっているかどうかは、中性脂肪の数値の他に善玉コレステロールと悪玉コレステロールの数値に基準が設けられています。そのうち中性脂肪の数値の基準は、150mg//dl以上です。この基準は健康診断で異常と判断される数値でもあります。また、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの基準は、それぞれ40mg//dl未満、140mg//dl以上で、中性脂肪の数値と同様に注意しておかなければなりません。

脂質異常症の怖いところは、自覚症状がないまま病状が悪化して行くことです。そして、突然心筋梗塞や脳梗塞で倒れてしまうこともありえます。健康診断の結果を見て、脂質異常症の基準に当てはまってしまった場合には、自覚症状が特になくても医師に相談することが大切です。脂質異常症の基準に当てはまっていても、早めに生活習慣を改善することで数値を正常値に戻すことができます。逆に一度検診を受けて正常値に収まっていても、数値が上がってしまうこともあります。そのため、定期的に検診を受けることが望ましいです。